ピュアボディ腰部接合部修理

  • ファンタスティックブランド(オリエント工業製)
  • ピュアボディ(立像タイプ)
  • 2004年9月お迎え

修理前の状態

腰の接合部が剥がれて上半身下半身に分離。 専用スタンドが脇の下で支える構造のため、足が床から浮き気味となり、 下半身自身の荷重と、ソフビの経年による収縮で接合部が剥がれたものと思われる。

修理前全身 修理前上半身 修理前下半身

修正箇所

発泡材盛り上がりを是正

ソフトビニール(肌色)の接合面より発泡材が土手のように膨らんでいる。 ソフトビニールの収縮によるものと思われ、 ソフトビニールの接合部がうまく合わさらないので、この部分を ソフトビニールの接合面ツライチになるよう切削した。

カッターナイフで簡単に切削することができた。

上半身接合部発泡材盛り上り

接合面傾斜是正

下半身ソフトビニール接合部が水平でなかった。 水平に近づける為、内側の山側を中心に外側のエッヂで水平に近づけるよう 切削した。カッターナイフで切削した。

下半身接合部傾斜

内側の山側を中心に外側のエッヂで水平に近づけるよう切削した。

下半身接合部傾斜是正

接着

接着剤で接着し、接着面に圧を掛けるため倒立状態で固定。

接着

今回利用した接着剤。硬化後も無色透明で弾力があるタイプ。

接着剤

接着増し増し

圧が均等でなかったためか、結構隙間ができた。 隙間を埋めるよう更に接着剤を盛り、なるべく均等に圧が掛るよう固定。

接着2