Python unittestの中でloggingを使う

環境

Python 3.5.2(Ubuntu 16.04LTS(i386))

in setUp()

setUp()の中では通常通りloggerを開く。streamHandlerだと何も出ないので FileHandlerなどで他所へ出力してください。この例ではlog_fileで指定した ファイルへ出力しています。

    def setUp(self):
        """Open serial port."""
        self.ser = serial.Serial(com_port,
                                 com_boud,
                                 timeout=com_timeout)
        self.logger = getLogger(__name__)
        formatter = Formatter('%(asctime)s - '
                              '%(levelname)s - '
                              '%(filename)s:%(lineno)d - '
                              '%(funcName)s - '
                              '%(message)s')
        self.sh = FileHandler(log_file, delay=True)
        self.sh.setLevel(DEBUG)
        self.sh.setFormatter(formatter)
        self.logger.setLevel(DEBUG)
        self.logger.addHandler(self.sh)

tearDown()で扱えるよう、shとloggerをself.sh、self.loggerとします。

in tearDown()

sh.close()して、loggerからshをremoveHandler()します。

sh.close()しないと2つ目以降のtestを実行する時にResouce warnng unclose fileと怒られます(実行はできるが、tail -f で追えない)。

Handlerをremoveしないと、当該suite内でテストを実行するたびに Handlerが追加されてログ出力がダブります。

    def tearDown(self):
        """Cosing serial port."""
        self.ser.close()
        self.sh.close();
        self.logger.removeHandler(self.sh)

注意

setUp()とtearDown()なので、当然ながら 各テストごとにログのセットとクローズが走ります。