CAPSキーをCTRLキーにする(Ubuntu 15.10)

CAPSキーをCTRLキーにする(Ubuntu 15.10)(on X Window)

キー追加

dconf reset /org/gnome/settings-daemon/plugins/keyboard/active

Caps Lockキーの設定は/org/gnome/desktop/input-sources/xkb-optionsで設定するのでまず現在の値を見る。

dconf read /org/gnome/desktop/input-sources/xkb-options

デフォルトは未設定で、この場合だとCaps LockキーはCaps Lockとして、CtrlキーはCtrlとしてそれぞれ動作する。 この値を目的に応じて設定する。

Caps LockキーをCtrlキーに割り当てる(元々のCtrlキーはそのままCtrlとして動作する)

dconf write /org/gnome/desktop/input-sources/xkb-options "['ctrl:nocaps']"

CAPSキーをCTRLキーにする(Ubuntu 15.10)(console)

/etc/default/keyboard

# XKBOPTIONS=""
XKBOPTIONS="ctrl:nocaps"            # CapsLock --> Ctrl
# XKBOPTIONS="ctrl:swapcaps"        # CapsLock <-> Ctrl

変更を適用

$ sudo dpkg-reconfigure -phigh console-setup